麒々麟々

行ってきました。
一つ一つのコントが長くて、寝てしまいました。
コントの合間に、「嵯峨野川島流」がスクリーンに映し出されるんだけど、これは笑えた。ビデオも買わされました。
今回は、田村流もありました。娘は実行しようなんて言ってます。
「嵯峨野川島流」については、検索かけたら出てきます。
最後に漫才をやってくれました。
娘はコントのほうが楽しかったようですが、私は漫才のほうが好きです。
ゲストはダイアンと天津でした。

それにしても、御堂会館のシートは座り心地が悪かった。
あと、立ち見の人が少なくて、壁際ではあったけど、前のほうで見てました。
座ってくださいって言われて、全員通路に座ってたので、見やすかったのではないでしょうか。

後ろの席の子がうるさくて、麒麟の声より響いてイライラしました。

とりあえず、購入できたチケットはこれで終わり。

「中之島演劇祭2006」の『劇団パロディフライ』『ヨーロッパ企画』を見たいなぁ。
[PR]

by nanntokasena | 2006-10-18 01:02