外伝 ベルサイユのばら-アラン編-/エンター・ザ・レビュー

21日 梅田芸術劇場に行ってきました。

久々のベルばらです。

まとぶんだから行きました。
3階席です。
オークションではなく、手数料を出して、@PIAで買いました。
エンター・ザ・レビュー」に9割出したと思いましょう。

う~~~ん、これのどこがベルばらなんだろう。
一応オスカルとアンドレが出てたから?

スカステで、3部作全部見るとつながるみたいなことを植田氏が言ってたが、私はアンチ雪組なので観てない。
たしかジェローデル編だったはず。

花組でもジェロ様の役があるし(まっつもスカステ出てたし)、たっぷり見せ場があると思ってたんだけど、
「えっ、あれだけ?」


ヒロインはあやねちゃんのディアンヌのはず・・・
幽霊ですかぁぁ

最後はアラン抱きしめて一緒に成仏してほしかったなぁ。
あと、ここにオスカルとアンドレを出さないと・・・

まとぶん、登場の仕方は、2001年と一緒。
でもあの頃より、お兄さんになってました(笑)

主役の二人は現在のモノローグ担当で、別に主役にさせなくてもって思ったけど、ここで出なかったら出番がない!!

なにも無理にアラン編なんて作らなくてもいいじゃない って感じでした。

星原さんにも、無理に出てもらわなくてもっていう出番の少なさでしたが、じゃぁ、ブイエ将軍を誰がするの?ってなった時に適任者がいませんねぇ。

組長のダグー大佐は受け入れられませんでした。

衛兵隊士は若いのに、妹や奥さんはちょっと老けてたように感じました。
衣裳のせいかなぁ?

オスカルとアンドレも一人ずつ持ち場があるけど、二人が愛し合ってる場面がないので、
なんだかなぁ

バスチーユのシーンも本公演とは全く違い、外伝ならではの市民のみでの群舞になってました。
いつオスカルやアランが出てくるのかなと見てましたが、結局二人とも出なかったですよね。
(双眼鏡を持っていってなかったので、よく見えない)

さっきも書いたけど、最後もなんだかなぁ…
ナポレオンが出てくるのはいいけど、そう終わらせるかって感じで、納得できない!

星組もチケット取れたけど、すっごく心配になってきた・・・(汗)

以上、ぼやきどころ満載のベルばらでした。


「エンター・ザ・レビュー」は、樹里ぴょんの大劇場さよならだったのよねぇ。
樹里ぴょん観にいってたから、結構樹里ぴょんシーンは懐かしく観ました。

ベルばらでがっかりしたぶん、こちらで挽回ですが、
客席降り、どうにかなりませんか~
3階席からだと、声はすれども姿は見えずで、客席で笑いがおきても、ぜ~~んぜん楽しくない!
2場続けてだったので、金返せ!って言いたくなりました。

まとぶんのエトワール、音が合ってなかったと思いま~す。
もう少し高いか低いかだったら歌えそうなのになぁ。残念。
それとこのドレス奇麗じゃない!
おばさんっぽかった(泣)

この客席降りと、エトワール以外は満点です!!

コメディアンも頑張ってたし、猛獣使いも猛獣さんは最高でした。
樹里ぴょんが超はまっていただけに、どうなのかなと思ったけど、
よかったよ~。

おさのダンスは歯切れが悪かったから、まとぶんで観れてよかったぁ。

ロケットも、少ない人数ながら、しっかりまとまってて可愛かった。

「エンター・ザ・レビュー」だけもう一回観たかった。
スカステでやるのを楽しみに待ってます。
[PR]

by nanntokasena | 2008-09-23 02:27 | 宝塚