発熱

21日夜 38.5~の突然の発熱

22日仕事を休み、病院へ。
細菌性の発熱ということで、受付から会計まで5時間半。
(待ち時間2時間以上。高熱のせいで関節が痛くて座ってられない)
いきなりの高熱だったのでインフルエンザの疑いで、即検査。
待ち時間ぐったりしてたら、看護婦さんが来て、点滴用のベッドで寝て待たせてくれた。
結果は陰性。
血液検査をするから、その待ち時間に点滴することに。
結果、細菌性の高熱なので、治療薬をいっしょに点滴することに。
処方された薬を飲んでかゆくなったり、おかしな症状が出たら日曜でもいいから来てくださいと言われた。
もらった薬は、頑丈に梱包された、1日1回・3日飲めば7日間作用が持続という薬。
昨日はボーっとしてたからなんとも思わなかったけど、結構強そうな薬だなぁ。
薬効は書いてあるけど、もうちょっと詳しく調べてみよう。

おかげで、今これを書いてる21:00は平熱に戻ってます。
[PR]

by nanntokasena | 2010-05-23 21:11 | いろいろ

あさコン

22日 17:30開演

楽しみにしてたあさコン行った。

前日夜、突然の発熱(39度)
当日朝病院で検査。
別に他人に移すことはないので、特別隔離されたりすることもなし。

家に帰るとまだあさコンには間に合う時間。
でも、頭が痛い。
「私も熱の中○○のコンサートいったし、せっかく楽しみにしてたんたし、座っといたらいいやん。行っておいでや~~」という娘1の発言に、「そんじゃ行こか」と着替えを開始。

電車は思ってたよりすいてて座って行けた。途中爆睡。降りるのが終点の駅だったのでよかった。

2階2列目、私の斜め前2席と隣は空席。
音響がすっごく変、っていうか、CDプレーヤーのコンサートホールモードで聞いてるような感じ。今までいろんなホールに行ったけど、こんなの初めて。熱のせいかなぁ。

1幕は耳には入ってくるけど、半分寝てました。
2幕はなんとか起きてられたけど、VIVAの盛り上がりで後ろの席の人が座席をドンドンするのが頭に響いて…

せっかくのあさコンだったのに、残念な結果に…

ふりふりの衣装がかわいかった。
脇の切れたジーンズは横から見たら色っぽいけど正面向きで足を開いた時、4本足があるようで自分的には好きになれないな。

共演者の紹介時、女の子の名前を間違え、謝ってるところなんかすごく可愛かった。

マイクが響きすぎてるのか、早い歌詞の歌を歌ってる時は何を歌ってるのかわからなかった。
ほとんど知ってる曲だったから、感覚だけで聞いてたけどね。

もっとダンサーさんたちとの絡みとかがあればよかったのに。
あさこちゃんが歌って、ダンサーさん達が勝手に踊ってるって感じでしたね。

半分寝てて、何言ってんだかって感じですが…

最後のトーク面白かった。
きりヤンが見に来てたんだけど、岸和田繋がりのダンサーさんを絡めて大阪らしくトークに落ちをつけようと頑張ってた(笑)
きりヤンの隣は背の高さと髪の色からモリエだったと思う。

まわりに座ってた人は、何だこの人…って思ったかもしれないけど、見に行けてよかった。
[PR]

by nanntokasena | 2010-05-23 18:13 | 宝塚

マウストラップ ~ねずみとり~

5/9(日)マウストラップ ~ねずみとり~ を見に行きました。

★原作
アガサ・クリスティ

★演出
大和田 伸也

★出演
ジャイルズ 内海光司
モリー 舞風りら
ボイル夫人 榛名由梨
メトカーフ少佐 倉石 功
パラビチーニ氏 こぐれ修
ケースウェル 北嶋麻実
クリストファ・レン 照井裕隆
トロッター刑事 綱島郷太郎


中学生の頃クリスティにはまって、ほとんどの作品を読んでいますが、犯人はぜんっぜん覚えていません。
この作品も読んでたのですが、犯人は2幕が開いて少したつまで思い出せませんでした。

映画やTVドラマでクリスティ作品を見ることがありますが、舞台は明るくて自分の見たいところを見ることが出来ていいですね。
一人ひとりの動きを見て、「あ、この人あやしい。」って自分の目線で考えることができます。

「誰が犯人だと思いますか?またその理由は?」というアンケートを渡されていて、一緒に行った妹と○○さんと△△さんの共犯かな~ って言ってたのですが、提出する休憩時間は、おやつを食べるのとトイレに行くのとで時間になってしまい、アンケートに答える時間がありませんでした(笑)
どの人も犯人らしくって、すっかり騙されてしまいました。

皆さん芸達者で、どの人が犯人でもびっくりしないよって感じで、ぐいぐい引き込まれました。
ショーちゃんはほんとにクソババァって感じの演技で、いつも夢の世界・宝塚を背負っているところしか目にしないのでとても新鮮でした。

客席がすごく見やすい配置で、全然頭を動かさずに観劇することができました。

私たちの座っていた列のセンターに大和田さんが座ってらしたのですが、俳優っていうより本職が演出家って感じでした。

トークショーでは、女性陣の受け答えがもう一つでしたね。
いつも思うのだけど、宝塚出身者の受け答えって面白くないですね。例外はじゅりちゃん位かな。

今回は、「おけぴ」を通してチケットを入手できました。
『薔薇とサムライ』も観に行きたかったけど、問い合わせしたけど返事がなくて、オークションだとすごく高くって結局あきらめました。

d0010323_20441616.jpg

[PR]

by nanntokasena | 2010-05-18 20:45 | 観劇(宝塚以外)

スカーレットピンパーネル2

4/29 11:00と15:00

前2回と比べて、皆声が出てまとまってきてると思う。
休み明けの1回目だからかな。
11:00はせりふを噛む人もいなかったのではないかな。
15:00は噛み噛みだったけど…
縄跳びも、11:00は成功。15:00はキリヤンが失敗。思いっきり自己申告してました(笑)

今日はみりおちゃんのショーヴラン
まさおくんより声は出てたが、感情の入れ方はまさおくんに軍パイがあがるな。
でも、この役は群衆コーラスの中でもソロを歌ったりとかなり歌の比重が高いから、声が聞こえないとその時々の彼の心情がわからなくなるから、声は大切なんですよね~
二人とも頑張れ。

その点、もりえとマギーは見ても聞いても安心感がある。
役は下ながら、学年並みの演技があり、がたいもいいから華がある。

まりもちゃんの「あなたを見つめると」ジーンとします。

11:00は轟さんが観劇。
なので、ショーブランにお勧めの衣装は、轟さんのいでたち。
15:00は初日同様、総スパンに羽でした。

久しぶりにB席で観劇しましたが、B席1列目だとギリギリ組長も見切れないし、群衆の後列の人の動きも見えるし、舞踏会の時の公安委員の二人もどんな動きをしてるのかわかりました。

初舞台生は、11:00公演は、動きがバラバラだった。足の上げる角度、タイミング、上体の動きなど、張り切りすぎてるって感じ?
15:00はまとまってたかな。

フィナーレ、そのかがイッテンポずれてるのがすごく気になった…
エトワールの人は声がこもっていて残念でした。
音声さん、調整してあげればいいのに…

GWに入ったからか、家族連れやアベックの人が多く、開演前や幕間の会話が聞こえてくるのですが、結構面白い話が聞けました。(初心者の人がどういう思いで観劇してるのかなど)

もう一回まさおくんのショーブランが見たいのですが、GWでまたお小遣いがいるだろうし、スカステの放送を待つことにします。

d0010323_1603439.jpg

[PR]

by nanntokasena | 2010-05-01 15:54 | 宝塚