ワンダフルタウン

d0010323_14293648.jpg


休みがあるかどうかわからなかったので、チケットを取ってなかったけど、23日休みになることが決まった時点で「おけぴ」で良席を定価で発見。すぐ譲ってくださいメールをだし、無事GETできました。

アメリカらしい作品で、1幕を観たあと、久々にパンフを購入しました。

アイリーンの大和田美帆ちゃんとレックの宮川浩さんがいい味出してました。
特に大和田美帆ちゃんは、出演者と一緒にトリコになるような可愛らしさ。
声も良く通り伸びるし、この子のための役だなって思えるほどでした。

ルースのとうこさん(安蘭けい)は、期待通りの出来でしたが、なんせ、いつも隣に大和田美帆ちゃんがいるので、役のキャラ通りちょっと地味でした(笑)
でも、持ち込み原稿の劇場面では大笑いし、黒いドレスのスウィングのシーンは、かっこ良いし、妖艶だし、見とれてしまいました。
さすがとうこさん!!

ベイカーの別所さんは、ちょっと期待外れ。
特に1幕は、裏声で伴奏に負けてしまってて、歌詞がよく聞き取れなかったのが残念。
聞かせどころの、なが~~~~~~~~~~く伸ばすところは、全然危なげなく聞かせてくれたし、2幕は1幕ほどじゃなかったので、ほんと残念です。
それと、上半身と下半身のバランスが・・・
正面を向いてるときはいいんだけど、少し角度がつくとハンプティ・ダンプティを思わせる体型で、思わず笑いが・・・

ゆりちゃん(星奈優里)はちょっと太ったかな?
宮川さんと絡むゆりちゃん、かわいかったです。

大家さんアポポラスの花王おさむさん、いじわるっっ(笑)
ジャズクラブの店長ヴァレンティの青山航士さん、なんとも個性的で、違う世界の人みたい。
警官のみなさんは面白かったし、よく笑いました。

再演があるだろうから、また観に行きたいです。
[PR]

by nanntokasena | 2010-11-28 14:57 | 観劇(宝塚以外)

誰がために鐘は鳴る

久しぶりの宙組

初演がすごく良かったので、またまた阪急交通社でお世話になることに。

d0010323_10373164.jpg


体調がすぐれず、始まってすぐ咳が止まらなくなり退場。
ロビーで咳き込んでたら、劇場のお姉さんが
「観たいでしょ」とガラス張の部屋に案内してくれた。
おかげで、気兼ねなく観劇させてもらえました。

ありがとう、お姉さん!

すみかちゃん、初々しかったよ。
ゆうひちゃん、いい男だねぇ。

京三紗さん、今回の役素敵だぁ。当日は誰かわからなかったので、今ネットで調べたら、京さんじゃないですか。
前回見たのは花組の「ME AND MY GIRL」だったけど、この時は合ってないなぁと思ったのよね。

音がマイクを通しての音しかひろってないので、拍手なんかが聞こえなくてちょっと物足りない感じがしたけど、一番残念だったのが、橋の爆破シーン。
エッっていうほど、あっけなく、緊迫感が皆無。
そのあと、銃撃の合間をぬって走り抜けるシーンも、アレレ・・・

やっぱり舞台は客席で見ないとね。

明日は「ワンダフルタウン」を観に行くので、今から医者に行ってきま~す。
[PR]

by nanntokasena | 2010-11-22 10:37 | 宝塚

さだまさしコンサートツアー2010 予感

梅田芸術劇場メインホール
11/9(火)18:00 1階15列

d0010323_10151357.jpg


知人が行けなくなったので、ピンチヒッター
一緒に行った人はさださんのFAN。
私はTVでしか見たことがなく、CDもDVDも持ってない。

はまったよ。
さださんは、生でなきゃダメだね。
歌もいいけど、トークが最高!!!
ノンストップで、いつでもトイレに立っていいよ!なんだけど、行けないよ(苦笑)
トーク一言も聞き逃しちゃいけねぇよ。

コンサートDVD見たいなぁ。
また行きたいなぁ。
[PR]

by nanntokasena | 2010-11-22 10:15 | 観劇(宝塚以外)

『宝塚花の踊り絵巻』-秋の踊り-  『愛と青春の旅だち』

2010年11月6日(土)15:00 阪急交通社貸切公演

『宝塚花の踊り絵巻』-秋の踊り-
『愛と青春の旅だち』

最近観劇以外で浪費してるので、ちょっと節約のためB席で観劇。
見えない・・・

ちょっと前までなら顔の形でなんとなく誰かわかったけど、なんかピンボケしてる感じで、良く見えない。
涙が出るとレンズの役目をしてくれて見えたので、だいぶ目が悪くなってるみたい。
次からは双眼鏡を持って行かなきゃ・・・(泣)


『宝塚花の踊り絵巻』-秋の踊り- は、ちょっと期待外れだったかな。
スカイステージをみて期待しすぎたようです(泣)
民謡の話が出たので、もっとみんなが歌うのかと思ってたらそうでもないし、
(私は民謡を歌って踊るっていうのが好きなので、楽しみにしてた)
食い入るようにみたいと思うシーンが少なかったです。

曲がゆっくりしたものが多かったので、眠気に誘われところどころ意識のない部分が・・・

ねねちゃん、階段で裾を踏んじゃってあぶなかった。
そのあとはしっかり足出して階段上ってましたね。


『愛と青春の旅だち』
映画を見たことがなかったので、楽しみにしてました。
こちらはテンポ良く、わかりやすいストーリーで思ってた以上に楽しめました。

特にてる(凰稀かなめ)が良かった。しっかり鬼軍曹してました(でも可愛いし・・・笑)
ともみん(夢乃聖夏)はなぜかすぐわかった(笑)
さゆみ(紅ゆずる)はまじめすぎて始めわからなかった(爆)
まさかこのような配役とは・・・
れみちゃん(白華れみ)、みせるねぇ。

ちえねねコンビはすっかり安心して見れるコンビになって嬉しいぞ(笑)
ちえちゃんは性格の変化がよく出ていたし、ねねちゃんは相変わらず初々しい。

この組は、高学年の人が多いのでおじさんやおばさんがしっかり支えてくれてますね。
やっぱり若い人には中年役は無理があるので、星組はその点違和感なく見ることができます。

アドリブも阪急交通社向けにちゃんとありました。


貸切公演だったので、抽選やトップコンビのインタビューというおまけがありました。
今回は司会がねったん(夢輝のあ)!!
阪急交通社からのメールでわかっていたものの、ずいぶん雰囲気が変わっていて、自己紹介がなければねったんだとはわからなかったと思います。

抽選は、相変わらずかすりもしませんでした。

インタビューは、おっとりしたもので、会場からも答える前に笑いが・・・
フリートークさせたら、全然話が進まないのでは?って感じで、ほほえましいです(笑)
[PR]

by nanntokasena | 2010-11-07 21:54 | 宝塚