東京セレソンデラックス「流れ星」

東京セレソンデラックス「流れ星」

9/30 18:30(大阪初日)

作・演出:宅間孝行
出演:宅間孝行 うつみ宮土里 山田まりや 他

シアターBRAVA! 2階C席一桁番

お友達と3人で行ってきました。

宅間孝行ってどんな人だろうと思ってたら、なんとNHKの朝の連ドラについ先日まで出ていた『真瀬さん』じゃぁあ~りませんか。

3人中1人が観劇前に名前と顔が一致(でも「真瀬さん」のことは知らなかった)、2人が観劇前にもらったチラシで「あっ、真瀬さんだ~」とわかった という とんでもないメンバーでの観劇ツアーでした(笑)

笑って笑って笑って・・・泣いて

私も夫を亡くしてるので、もっと優しくしてあげてればよかったなぁ~~~ なんて思ったりして・・・

とってもいいお芝居でした。
再演ということで、なるほど納得の内容でした。

開演前の観劇時の注意もお芝居仕立てになってて、そこからしっかり楽しめました。

セットはずっと同じだったけど、小道具がちゃんと変わっていたらしく(私はほとんど気付かなかったのだ(殴))2時間半の間しっかり時間が経過してて、見ててぐいぐい引き込まれて行きました。

山田まりやの登場シーンには驚かせられ、衣装にぶったまげ、一体どう絡むんだろうと心配しましたが、魔法使いだとこんなのもありだなと納得。

それにしても、どのキャストさんも個性豊かで、公式サイトのキャスト写真とのあまりのギャップに驚かされます。

残念だったのは、小劇場向きのセットだからでしょう、2階席から先生のお部屋の窓が見えなかったことと、マイクの入りがわるかったのか、台詞が聞き取りにくかったこと。

当初、そごう劇場での公演予定だったようですね。
確かに、劇場規模が違いますもんね。

でもそれらを差し引いても、もう一度観たいと思わせるものでした。

帰りには、出演者との握手(もう少し小さな劇場だと、写真撮影もあり)に加えお土産までいただきました。

仕事・運動会・子供会行事と重なり、この日のこの時間帯だけしか行ける日がなかったのですが、再々演があれば、絶対観に行きます。


おまけ
サタケミキオの名前で『花より男子』や『僕と彼女の×××』の脚本も書いてたんだ~。
『僕と彼女の×××』はコミックだけ揃えて、まだ1巻の途中までしか読んでないや~。
このブログ書きながら、ツタヤディスカスにも予約入れました(笑)
[PR]
by nanntokasena | 2009-10-05 21:52 | 観劇(宝塚以外)