バレンシアの熱い花

7/22 OMC貸切に行ってきました。

初演が大好きで、LPレコードを何度も聞いたのか、TVを録画したのを見たのかは忘れましたが、挿入歌のほとんどが一緒に歌え、懐かしく思いました。

行く前は、娘役がどんなだったか忘れていたのですが、観ていて、自然に思い出しました。
榛名由梨、瀬戸内美八、順みつき、小松美穂、舞小雪、北原千琴
「ショーちゃん(榛名)ミッキー(順)はどっしりと男らしかったし、まちこちゃん(北原)はかわいかったよなぁ」

宙組は長いこと見てない上、私の中では、
タニちゃん、みっちゃんは月組
うめちゃんは星組
らんとむは花組 なので、何組を観てるのかって感じでした。
(前にもこんな感想を書いたような気が・・・)

で、宙組としての感想は、歌がアイタタなトップコンビだなぁ の一言につきますね。
タニちゃん、オープニングはよかったのよ。
「お、歌 上達したなぁ。さすがトップ!」って思ったんだけど、しばらくして「あぁ、変わってない」(苦笑)

「うめちゃんってこんな声で歌うんだっ!!!」
ソプラノのイメージがあったので、アルト声を出されるとギャップが・・・
で、アララ二人揃ってなんとまぁ・・・ と思わず耳をふさぎたくなるような音楽が。
オケも結構音はずしてましたね。
何もトップに合わせなくてもって感じでプファプファなってました。

ショーの方でも、歌は全体的にあまり聞けたものではなかったですね。

で、恒例の「オー・エム・シー」コール。
これが、はじめ何を叫んでるのかさっぱり分からず、隣に座ってた男性が派手に笑い、隣の女性に「またOMC」って囁いたのでわかりました。


結論・・・とっても楽しかったけど、歌をがんばりましょう!
うめちゃんには、チエちゃんと踊っていて欲しかった。   以上
[PR]
by nanntokasena | 2007-07-26 01:20 | 宝塚