カテゴリ:宝塚( 92 )

4月30日(土)15:00 B席28番
阪急交通社貸切公演

「ノバ・ボサ・ノバ」
ソール:柚希 礼音
エストレーラ:夢咲ねね
ルーア神父:涼 紫央
シスターマーマ:英真なおき

役替わり
オーロ:紅 ゆずる
マール:真風 涼帆
メール夫人:夢乃 聖夏
マダムガート:花愛 瑞穂

今回の収穫はマールの真風くん。
こんなに歌が歌える人だったんだ。
踊りも良かったし一番安定してた。
マールは、1976年の「室町あかね」さんの印象が強すぎて、再再演のビデオ見てもどうとも思わなかったのに、今回すごく惹きつけられた。
オーロがかすんじゃった。

ルーア神父様「あ、そう」はもっと飄々と言ってほしかったなぁ。っていうかセリフも歌もすずみんにしては残念だった。

マダムガートは、♪あぁ~ が絶叫って感じで興醒め。
もっと色っぽくしてくれなきゃ。

この作品はすっごく好きで、LPレコードも持ってたし、テレビでやるって聞いたら絶対に見てた。
そんなわけで、今回の期待度はハンパなかったから、残念なところが今まで以上に残念に感じた。

チエは頑張ったなぁ。
ブリーザもビーナスも良かった。

ピエロの一人、バトン完璧!!!!!
(前にも何かの公演で絶賛した記憶があるけど、同じ子かなぁ?)

2階席からだと、ソール、オーロ二組が同時に踊るところが良く見えてよかった。

あぁ、ほんとあと3回位は行きたい。(2階席2回1階席1回)



「めぐり会いは再び」
テンポの良い、わかりやすい話で楽しめた。
ねねちゃんとれみちゃんが可愛いよ~。

ゆずるん、地べたに張り付きイヤイヤするところなんて、「それ地でやってるやろ」って感じで笑った。
やっぱりこういう3枚目の方がなじめるわぁ。

初舞台生も可愛かった。
口上の時、緊張してるのか、真ん中の子がすごく声が上ずってた。
ロケット一人目立たせてもらってたなぁ。



あっという間の2時間半でした。
[PR]
by nanntokasena | 2011-05-01 22:04 | 宝塚

『記者と皇帝』

3月22日(火)14:30
宙組 『記者と皇帝』
バウホール17列14番

宙組はほとんど行かないんだけど、みっちゃん(北翔海莉)主演で、なんか面白そうなあらすじだったので、チケットを取りました。

はじめポスターだけ見た時は、みっちゃんが記者も皇帝もするんだと思ってました。
で、そのまま当日観劇。
あれ、皇帝は別にいたよ~(笑)

みっちゃん髪型が・・・残念だ。
あと、体型が女性らしいのよね。なので、正面向いてる時はいいんだけど、横向くとヒップラインが・・・(泣)

れーれ(すみれ乃麗)はポスターで見るほど蘭乃はなちゃんとは似てなかった。
みっちゃんと並ぶと可愛い。
けど、歌が・・・ ガンバレ!

監獄シーンを始め、タップで会話するあたり、何を言ってるのかはわからないけど面白い。

清掃員は風莉じんさんかな?
いい味だしてたなぁ。

まさこ(十輝いりす)は2番手?
なんか目立たないなぁと思ってたけど、最後よかったぁ。

カチャ(凪七瑠海)、一番男らしかった。
みっちゃんやまさこと比べたら小柄なんだけど、男らしいしぐさなんだよね。
カッコいいんだよね。宝塚の男役って感じ。
だから目がいっちゃう。
あぁ~、顔が好みだったらファンになるのになぁ、こればっかりはどうにもならないからなぁ。

最近、話がわかりやすいものが多いと思う。
これも、途中迷わず最後までちゃんと理解できました(笑)

フィナーレもカッコよかった。
やっぱバウホールは舞台と客席が近くて良いわ。

そうそう、この日は『ヴァレンチノ』組さんがご観劇でした。
組長(寿つかさ)、ゆうひちゃん(大空祐飛)、すみか(野々すみ花)しかわからないんだけど、たくさん来てた。
何年か前は、生徒を見たら「やっぱり服装からしておしゃれだな」って思ったけど、この日は「あ、うちの娘とおんなじような服装だ」って思っちゃった(笑)

あいさつは、震災のことにもふれて募金箱設置の話がありました。
我が家の予算の3月分の募金は終了してるので、今回はしませんでした。
[PR]
by nanntokasena | 2011-03-27 23:04 | 宝塚

3月15日(火)11:00 1階12列センター

11日に震災があったし、どうしようか悩んだけど、
宝塚ホテルの食事セットで取ったチケットだし、
行かなかったから被災地の人に何かできるってわけでもないので、
楽しんでくることに決定。

久々の良席。
最近はずっと2階席での観劇だったので、
たまには前の方で観るのもいいものです。

「バラの国の王子」は、子供向けミュージカルのようでした。
後に小学生くらいの子がいたんだけど、
お姉さんと動物さんたちのシーンでは、
キャッキャ笑って喜んでました。

主役であるはずの「あなた」(野獣:キリやん)より、みりおちゃん達召使たちの方が目立ってたし、
王様(まさお)は出番めっちゃ少なかったし、やっぱり劇団はみりおちゃん押し?
衣装については、せめて召使たちは、それぞれの動物の特徴を生かした衣装であってほしかったなぁ。
ミスターモンキー(そのか)を探すのが大変だったよ(笑)

まりも、キレイだった。

「one」はテンポよく進行してたような気がするけど、記憶が・・・
客席降りでは、緑の衣装を着た娘役さんと見つめあってました。
誰だったんだろう。

フィナーレでエトワールがそのかだったのが新鮮で満足。
千秋楽行く予定だったのに、仕事が入ったので手放した。
残念だ~~。

次は、9日の阪急貸切に友達と行きます。
子供を連れて行きたいけど、宝塚には興味ないから無理だなぁ~
[PR]
by nanntokasena | 2011-03-20 19:22 | 宝塚

愛のプレリュード

3月5日 15:00 阪急交通社貸切

まとぶんのサヨナラ公演なので、久々に花組を見ました。

しばらく見ないうちに男ぶりがあがって~っておばさん目線で見てしまった(笑)
声が安定してて、これで男役が終わりと思ったらもったいない気がする。

観に行く前に見たビデオがリナちゃんだったから、かっこよさが三割増しでした。


蘭乃はなちゃん可愛いよ~
思ってたより早くまとぶんのことを好きになってて、エ~、あらすじと違う!って思ったけど(笑)

なんと、途中ウトウトしてしまい、唯一笑いの起こったシーンを見逃してしまった。
二人は何をしたんだ~


今回目を引いたのは壮さんとその手下の皆さん。
おいしい役でした。

残念だったのか一花ちゃん。別におばあちゃんでなくてもいいじゃないって役でした。
役としての出番も少なかったし、一花ちゃん好きな私としては、すっごい欲求不満の残る役でした。

そういえば、みわっちも今回の芝居の中では普通の人過ぎて浮いてたなぁ。

めおも退団公演にしては残念な役どころ。っていうか、花組に来てからもう一つ役に恵まれなかった気がする。


さよなら公演だし、いつもは手にしないハンカチを握りしめてたんだけど、「あれ、泣かずに終わったよ・・・」
今回1回しか観ないから、オペラグラスも買って気合入れてたんだけどなぁ(苦笑)
でも、話自体はすっごくシンプルでわかりやすく、なんで?え、どうなった?っていうことが全然なかった。
まぁ、病気のまとぶんがボディガードをやるっていうオイオイな設定は置いといて・・・(笑)


ショーも手拍子シーンが多い、楽しいものでした。
まとぶんが一人で長時間っていうのがなくって、みんなを引き連れてるシーンが多い気がした。

ここでもまとぶん男らしかった。

壮さん、ジャッキーを思い出しました。なんか色気がある・・・。もう少し背が低かったら大人の女役でいった方がよさそうな感じがする。
でも、壮さんの男役としての進歩も評価できる。
らんとむとの素敵なコンビを期待!

で、やっぱり蘭乃はなちゃんカワイイ。
若いっていいなぁ。


とにかく、この公演はまとぶんと壮さんのためのものでした。
いや~、よかったよ。うん。(笑)
壮さんのファンが一人増えました。
[PR]
by nanntokasena | 2011-03-08 11:23 | 宝塚

Dancing Heroes!

d0010323_233233100.jpg


初めてのバウホール!!!

こけら落とし公演の『ホフマン物語』、お富さん(安奈淳)さん主演ということで観たかったけど、その頃はまだ子供だったので、叶いませんでした。

その後、何度か行ける機会はあったのだけど、ピンとくるものがなくて、行かないままでした。

今回は、そのか主演ということで、絶対観に行くぞ!と友の会でチケットをゲットしました。

小さい劇場なので、舞台が近くて端席でも見やすい上、客席降りしてくれた時はますます近くてすっごくお値打ちです(笑)

舞台ですが、歌は置いといて(笑)みんなダンスが素晴らしい。

あっという間に時間が過ぎて行きます。

1幕最後の和太鼓、迫力があった。

テーマソングもよかった。個人的に、こういう流れの曲、すごく好きです。

MCも楽しめました。料理中火事をおこしかけたって・・・ 気を付けてください。

踊って歌って、息がきれないのが不思議。
リフトもあるし・・・
ダンサーさんってすごい!!

実は、そのか以外、宇月颯さんしか知りませんでした(^_^;)
でも、萌花ゆりあさん、そのかと息が合っててよかった。
彼女すごく大きく見えました。
娘役としては、かなり上級生のようですが要チェックです。

びっくりしたのが、幕が下りてからも拍手が鳴りやまなかったこと。
バウはアンコールがあるのかと思いました。
「本日の公演は終了しました」とアナウンスが流れても、誰も席を立たない。
客電が点いても拍手が止まらない。
もう一回終了アナウンスが流れ、笑いの中皆席を立ってました。

もう一回あるし、アンコールに答えると大変だと思ったので、答えなくて正解だと思うけど、ホントビックリでした(笑)

相変わらず、上手く感想が書けないけど、ますますそのかが好きになりました。
[PR]
by nanntokasena | 2011-01-11 23:32 | 宝塚

STUDIO 54

2010.12.26(日)12:00
シアター・ドラマシティ

みりおちゃん、わっる~い役じゃないですか(笑)
それに、組長とのお耽美だ~

主役二人より、ラストのこの二人のからみの衝撃が強すぎて、
これ以上、思い出せない(爆)

d0010323_20263275.jpg

[PR]
by nanntokasena | 2010-12-30 20:26 | 宝塚

誰がために鐘は鳴る

久しぶりの宙組

初演がすごく良かったので、またまた阪急交通社でお世話になることに。

d0010323_10373164.jpg


体調がすぐれず、始まってすぐ咳が止まらなくなり退場。
ロビーで咳き込んでたら、劇場のお姉さんが
「観たいでしょ」とガラス張の部屋に案内してくれた。
おかげで、気兼ねなく観劇させてもらえました。

ありがとう、お姉さん!

すみかちゃん、初々しかったよ。
ゆうひちゃん、いい男だねぇ。

京三紗さん、今回の役素敵だぁ。当日は誰かわからなかったので、今ネットで調べたら、京さんじゃないですか。
前回見たのは花組の「ME AND MY GIRL」だったけど、この時は合ってないなぁと思ったのよね。

音がマイクを通しての音しかひろってないので、拍手なんかが聞こえなくてちょっと物足りない感じがしたけど、一番残念だったのが、橋の爆破シーン。
エッっていうほど、あっけなく、緊迫感が皆無。
そのあと、銃撃の合間をぬって走り抜けるシーンも、アレレ・・・

やっぱり舞台は客席で見ないとね。

明日は「ワンダフルタウン」を観に行くので、今から医者に行ってきま~す。
[PR]
by nanntokasena | 2010-11-22 10:37 | 宝塚

2010年11月6日(土)15:00 阪急交通社貸切公演

『宝塚花の踊り絵巻』-秋の踊り-
『愛と青春の旅だち』

最近観劇以外で浪費してるので、ちょっと節約のためB席で観劇。
見えない・・・

ちょっと前までなら顔の形でなんとなく誰かわかったけど、なんかピンボケしてる感じで、良く見えない。
涙が出るとレンズの役目をしてくれて見えたので、だいぶ目が悪くなってるみたい。
次からは双眼鏡を持って行かなきゃ・・・(泣)


『宝塚花の踊り絵巻』-秋の踊り- は、ちょっと期待外れだったかな。
スカイステージをみて期待しすぎたようです(泣)
民謡の話が出たので、もっとみんなが歌うのかと思ってたらそうでもないし、
(私は民謡を歌って踊るっていうのが好きなので、楽しみにしてた)
食い入るようにみたいと思うシーンが少なかったです。

曲がゆっくりしたものが多かったので、眠気に誘われところどころ意識のない部分が・・・

ねねちゃん、階段で裾を踏んじゃってあぶなかった。
そのあとはしっかり足出して階段上ってましたね。


『愛と青春の旅だち』
映画を見たことがなかったので、楽しみにしてました。
こちらはテンポ良く、わかりやすいストーリーで思ってた以上に楽しめました。

特にてる(凰稀かなめ)が良かった。しっかり鬼軍曹してました(でも可愛いし・・・笑)
ともみん(夢乃聖夏)はなぜかすぐわかった(笑)
さゆみ(紅ゆずる)はまじめすぎて始めわからなかった(爆)
まさかこのような配役とは・・・
れみちゃん(白華れみ)、みせるねぇ。

ちえねねコンビはすっかり安心して見れるコンビになって嬉しいぞ(笑)
ちえちゃんは性格の変化がよく出ていたし、ねねちゃんは相変わらず初々しい。

この組は、高学年の人が多いのでおじさんやおばさんがしっかり支えてくれてますね。
やっぱり若い人には中年役は無理があるので、星組はその点違和感なく見ることができます。

アドリブも阪急交通社向けにちゃんとありました。


貸切公演だったので、抽選やトップコンビのインタビューというおまけがありました。
今回は司会がねったん(夢輝のあ)!!
阪急交通社からのメールでわかっていたものの、ずいぶん雰囲気が変わっていて、自己紹介がなければねったんだとはわからなかったと思います。

抽選は、相変わらずかすりもしませんでした。

インタビューは、おっとりしたもので、会場からも答える前に笑いが・・・
フリートークさせたら、全然話が進まないのでは?って感じで、ほほえましいです(笑)
[PR]
by nanntokasena | 2010-11-07 21:54 | 宝塚

9/3 15:00 1階26列70番台

初日を観に行ってきました。

オープニングから、素敵なデュエットダンス。
笑いのあふれるお芝居。
誰も死ぬことがなく、ハッピーエンドのラスト。
とっても楽しめました。

きりやんのマイクが調子悪くて残念でした。
みりおちゃん達にいたずらする場面、ホントに楽しそう。
今回、みりおちゃんが美味しい役でした。


ショーはキラキラでした。
こちらでもデュエダンがあり、
主役2人の息の合ったシーンが満載。
どちらのデュエダンにもリフトがあり、
芝居とショー合わせて3回、クルクルしてくれました。

ショーのデュエダンでは、コーラスが2人。
コーラスなしや影コーラスはありましたが、
このパターンは始めて見ました。

ショーではそのかが美味しかった。
ソロでうたっての銀橋渡りもありました。
思わず、そのか退団?って思ってしまいました。

今回、まりもちゃんの歌に伸びがなかったなぁ。
これから良くなってくることを願います。
その分ダンスは素敵でした。
ショートヘアのまりもちゃん、別人みたいでした。
オペラグラスを使わないので、始め誰だかわからなかった。


もう一回今度は最後の方に行きたいなぁ。
[PR]
by nanntokasena | 2010-09-03 22:51 | 宝塚

ロミオとジュリエット

7月29日12:00
1階最後列サブセンター通路沿い

イヤ~、斬新なロミジュリでした。
チエちゃんもねねちゃんも純情・・・

たくさんのソロ曲・デュエット曲。
てるとさゆみは盛り上げに欠けるなぁ と思いつつも
思いっ切りずっこけるということもなく、
母親同士の歌にもじ~んと来るし、
素晴らしいステージでした。

れみちゃんとねねちゃんは同期だけど、
乳母とお嬢様が違和感なく、大熱演。

仮面舞踏会で、バトンを披露したのは誰だったのかな。
すごい!大拍手でした。

人数が半分とは思えないモンタギューとキャピュレットの戦い。

娘2との観劇はハズレがない!
エンディングもわかってるのに、2人でダダ泣き。

行ってよかった~
[PR]
by nanntokasena | 2010-07-20 14:28 | 宝塚