人気ブログランキング |

バレンシアの熱い花

7/22 OMC貸切に行ってきました。

初演が大好きで、LPレコードを何度も聞いたのか、TVを録画したのを見たのかは忘れましたが、挿入歌のほとんどが一緒に歌え、懐かしく思いました。

行く前は、娘役がどんなだったか忘れていたのですが、観ていて、自然に思い出しました。
榛名由梨、瀬戸内美八、順みつき、小松美穂、舞小雪、北原千琴
「ショーちゃん(榛名)ミッキー(順)はどっしりと男らしかったし、まちこちゃん(北原)はかわいかったよなぁ」

宙組は長いこと見てない上、私の中では、
タニちゃん、みっちゃんは月組
うめちゃんは星組
らんとむは花組 なので、何組を観てるのかって感じでした。
(前にもこんな感想を書いたような気が・・・)

で、宙組としての感想は、歌がアイタタなトップコンビだなぁ の一言につきますね。
タニちゃん、オープニングはよかったのよ。
「お、歌 上達したなぁ。さすがトップ!」って思ったんだけど、しばらくして「あぁ、変わってない」(苦笑)

「うめちゃんってこんな声で歌うんだっ!!!」
ソプラノのイメージがあったので、アルト声を出されるとギャップが・・・
で、アララ二人揃ってなんとまぁ・・・ と思わず耳をふさぎたくなるような音楽が。
オケも結構音はずしてましたね。
何もトップに合わせなくてもって感じでプファプファなってました。

ショーの方でも、歌は全体的にあまり聞けたものではなかったですね。

で、恒例の「オー・エム・シー」コール。
これが、はじめ何を叫んでるのかさっぱり分からず、隣に座ってた男性が派手に笑い、隣の女性に「またOMC」って囁いたのでわかりました。


結論・・・とっても楽しかったけど、歌をがんばりましょう!
うめちゃんには、チエちゃんと踊っていて欲しかった。   以上
# by nanntokasena | 2007-07-26 01:20 | 宝塚

あさきゆめみしII

7月12日 14:00公演に行ってきました。

おさちゃんの退団が発表されたから、FANの熱~い思いがひしひしと伝わってきました。
(私はまとぶん贔屓なので、拍手の少なさに悲しい思いをしましたが・・・)

ところで、この作品ってこんなにぶつ切れな展開だったでしょうか?
登場する女人がはんぱなく多いので仕方ないとしても、紫の上や六条の御息所のエピソードが少なすぎて、すごく物足りないような感じがしました。

頭の中将は、あいかわらずの髪の色ですぐわかりましたが、その他の人は刻の霊の語りがなければ、誰が誰やらさっぱり状態でした。
そうそう、刻の霊は客席降りがあって、すっごく近くでまとぶんを見ることができました。これだけで子供たちをほったらかして行った甲斐がありました。

映画「千年の恋」のあまみん源氏がすっご~くよかったし、女人の皆さんもそれぞれ可愛く、美しく、艶っぽくて感動したので、そのイメージを思い出して観劇したので、男役中心の宝塚では、足りなく思ったのではないかと自己分析(笑)

あと、セットが貧相でしたね。残念!


次の花組は、おさちゃんのさよなら公演。
チケットは取れてるので気合いを入れて観劇しなきゃ。
# by nanntokasena | 2007-07-20 02:04 | 宝塚

ダル・レークの恋

5/22 梅田公演に行ってきました。

なぜ、こんなに感想を書くのが遅くなったのか・・・
私にはこのインドの身分差別やらお家のために犠牲になるっていう考えについていけなかった ってのが大きな原因です。
身分が高いから、不名誉な噂から逃れるため、身内を売る っていうのに耐えられません。
なので、1幕目はイライラしてました。

それと、セリフまわしや、歌など、すごく遅く感じました。
ゆったりじゃなくて、遅いんです。(この違いわかるかなぁ)

事前に話の内容も知らないのに、Fanの人の星組の観劇日記なんかを読んで、素晴しい作品だとインプットされていたので、よけいにそう感じたのかもしれませんが、私の趣味ではなかったです。

それと、両隣りに座って他人達がウルサイ
これもストレスの原因です。

ところで、ゆうひちゃん演じるペペルはその後どうなったのかなぁ。
それこそ、愛ちゃん演じるリタと良い仲だったんだから、そっちのほうがなんとかせにゃって思うんだけど・・・
で、ラッチマンよ、最後、カマラを捨てるなら、はじめから誤解をといときゃいいじゃないの。

こんな風に思いながら観劇してた私って変??
ベルばらで寝れる私だし、この前、○○(私の名前)ってほかの人と違うねぇって言われましたから(苦笑)
# by nanntokasena | 2007-06-02 01:00 | 宝塚

5/19 枚方まで、雨の中 遠征です。
私は行く予定じゃなかったんだけど、じじばばに子供たちを任せるのが心配で、仕事を休んじゃいました。
出演は、麒麟・笑い飯・千鳥・アジアン・サバンナ(犬井ヒロシ)・ふじいあきら・HEY!たくちゃん
アジアンまでは、子供の影響でなんとかわかるけど、サバンナの一人が犬井ヒロシだったことは、今回初めて知りました。
マジックのふじいあきらは、チラシでは超おっさんに見えたけど、若い人だったのでビックリ。
トランプを出したり、長~い風船を飲み込んじゃったり・・・口の中はどうなってるんだろう。
HEY!たくちゃんは、何歳くらいの人をターゲットにしてるのかなぁ?客層は若いのに芸が私でも知ってるような古い人の真似だったりするので、子供達には全然わからなかったようです。
# by nanntokasena | 2007-06-02 00:58

エリザベート

B席で観て来ました。
舞台全体が見えるのはいいけど、大階段の上が見えないから、やっぱり、2階S席センターがベストですね。

さて、ミズちゃんのトートですが、歌い方がねっとりしてて(鼻にかかった発音)私は苦手です。
雪組は、ほとんど観てないから誰なのかが全然わからなかったわ。(もちろんトップの二人と、ゆみこさんは知ってるけど)
となみちゃんは、コパカバーナで歌唱力があるなぁと思ったけど、今回も2幕からが特によかった。
フランツはどこの組もいいねぇ。
ガイチのフランツが好きだったからどうかなぁと思ってたけど、ゆみこさんもよかった。
フランツのまじめさってゆみこさんのイメージにピッタリ合ってる。

音月圭ちゃんって、線が細いってイメージがあったんだけど、しっかりルキーニしてたわぁ。
笑いが不気味だったけど、それは置いといて・・・

ゾフィーは、もう少し迫力がほしかったなぁ。声域が合ってないのかなぁ。

エルマー、彩那 音ちゃんだったんだ。全然わからなかったよぉ。

ルドルフの凰稀 かなめちゃん、要チェック!スタイルいいねぇ。

エリザベートは公演時間が短く感じます。
今日は、学生さんがたくさん来てました。
チケット必死に取ったけど、エリザベートでも、平日だと2階席は空席が目立ちました。
# by nanntokasena | 2007-05-11 23:13 | 宝塚

久しぶりに、何度でも観たいという作品に出会えました。

4月15日11:00/19日11:00

『ちょんぱ』での幕開き、あまりにも煌びやかで、ほ~~っとため息が出ます。
始まりから終わりまで、とにかくテンポ良く進んでいきます。
最後は手品のように紙ふぶきが出てきます。

宝塚を知らない人にも是非観ていただきたいです。

芝居の方も、安心して観ていられます。

とうこ、あすかちゃんのトップとチエちゃんの2番手お披露目っていう感じの公演でした。

初舞台生も見所が多かったですね。
歌の担当の子はもう少し慣れたら上手になるかなぁ・・・って感じでしたが、ロケットはなかなかしっかり決まってましたね。

始め鳥かと思ってましたが、魚だったんですね(笑)

DVDが出たら買いたいなぁ。
# by nanntokasena | 2007-04-23 15:30 | 宝塚

岡ちゃん発見!

3月28日、ナンバの「金龍ラーメン」で夕食を食べての帰り、なにやら人ごみが。
始めは、送別会か何かやってるのかなと思っていたのだが、そういえば、ラーメン屋を出るとき、通りすがりの人が、吉本の芸人が何とかかんとかって話していたので、「もしかして」と人ごみの中心を見たら、「青空」の岡ちゃんでした。
上の娘がファンなので、写真を撮ってもらいました。
岡ちゃん発見!_d0010323_21525263.jpg

# by nanntokasena | 2007-03-30 21:53

スーパー千鳥パーティ

3月17日(土)baseよしもと「スーパー千鳥パーティ」

宝塚を観たその足で、baseよしもとです。とほほ

南海キャンディーズのやまちゃんが下ネタ言いまくり・・・
+出演者みんなで、やまちゃんをあの手この手で痩せさせようとする。
う~ん、確かに笑いはしたが、何も得るところのない、2時間半でした。

これのおかげで宝塚の感動が薄れてしまったのだ~
# by nanntokasena | 2007-03-30 21:47

3月17日(土)「明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴」「TUXEDO JAZZ」を観て来ました。

2階3列20番台でしたが、よく観えました。

ラストのストーリーが原作とは全然違うもので、とても残念でした。

早苗役の「野々すみ花」ちゃんが目を引きました。

黒トカゲ=美輪明宏さんや小川真由美さんのような熟女が頭に浮かぶので、彩音ちゃんのような若い子が演じるのにも抵抗がありました。
また、観劇前に、映画版で京マチ子さんも見てしまったので・・・

でも、彩音ちゃん 思ったより大健闘でした。

おさちゃんの明智小五郎も若かった~

まとぶんは、言う事ございません。
前半、出番少ないなぁ って思いましたが、後半、野々すみ花ちゃんとじっくり見せてくれましたね。


ショーは、覚えてませ~ん。
でも、彩音ちゃんが歌わなかったことは覚えてます(笑)
# by nanntokasena | 2007-03-30 21:38 | 宝塚

パリの空よりも高く

行ってきました。「パリの空よりも高く」
お正月作品らしくはありましたが、話は短いものでしたね。
プロローグと過去の回想シーンが長い。

あさこちゃん、ゆうひちゃんは憎み切れないペテン師さんがばっちりはまってましたね。

配役には名前が書いてあるけど、娘役さんの出番がない。特に城咲あいちゃん。どこに出てるのか全然わからなかった(泣)
かなみんもいてもいなくてもどちらでもいいような役でしたね。
弟さんは、かなみんとセットで出てこれて、かなり美味しい役でしたが。

あさこちゃんのちょっと高い声でしゃべる時、たあちゃんに似てますね。
以前TCAで軍曹(だったかな)やった時の声にそっくりって思いました。

きりやん、爆発頭がよくお似合いです。
遼河はるひさん、背が高いから目立つ目立つ。おまけにハンカチ振り回して笑うから目が離せない。

植田先生は、あまり宝塚を知らない年配層の方にもわかるように脚本・配役を考えてるのかなぁ。
私は渋好みで、若い人の意見とちょっとずれることがある。
そんな私でもついていけないような展開の部分が結構受けていたりしてる。
一人で観劇してるもんだから、ついつい耳ダンボになるの(苦笑)


ショーの方は、後半ちょっと暗めな感じがしましたが、最初から最後までダンス・ダンス・ダンスでした。


組長さん、遼河はるひさん、桐生園加さんにチェック!
っていっても組長さんは、元々歌唱力すごいし、立ってるだけで存在感があるんだけど、遼河はるひさん、桐生園加さんは、全然知らなかったからなぁ…

その他観劇後プログラムを立ち読みし(笑)、あそこで頑張ってたのは○○さんかぁ とチェックを入れたはずが、すっかり忘れております。
ロケットで一人踊ってた人とか、マリオネットさんとか…


今年は、面白そうなものばかりだから、一通り観に行くことになるんだろうなぁ。
頑張ってお小遣いためなきゃ
# by nanntokasena | 2007-01-26 11:53 | 宝塚